読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ほんわかドイツ生活

ドイツの西、デュッセルドルフに住んで3年目。日々の生活を綴ります。

ドイツで腹腔鏡治療 (保険会社への申請)

 

保険会社への申請

医師から腹腔鏡の治療をしましょうと提案されると、まず、保険会社に手紙を送ります。この治療計画と費用見積もりの手紙は、外科の病院が作成してくれましたので、私がしなければならなかったのは、その手紙に自分のサインを書くこと、婦人科の先生からサインをもらうこと、くらいでした。封筒、切手も外科が用意してくれました。

その後2週間ほどで保険会社から、○○ユーロは今回こちら(保険会社)が支払います、という内容の返事が送られてきました。返事が届いたことを外科に伝え、その時点で、さあ治療をしましょう、という流れになりました。

 

治療後の支払いは

退院時外科での支払いはありませんでした。退院後1か月くらいで、請負会社から医療費の請求が届きます。まずは、そちらに全額を振り込みし、それから保険会社に負担を依頼する手紙を作り、郵送し、自分の口座に振り込みをしてもらうという流れでした。

 

作成した保険会社への手紙 (PC用でご覧ください。)

 

Hanako Yamada
.....str. 123
40200 Düsseldorf
Tel: 123456789


...Krankenhaus
z.H. Frau ○○
20900 Hamburg


                  Düsseldorf den 6.Januar 2017

Betreff:Einreichung der Rechnung der Krankenhausbehandlung 

Sehr geehrte Frau ○○,
(Sehr geehrte Damen und Herren,)

mein Name ist Hanako Yamada und bin bei ○○ versichert.
Meine Versicherungsnummer lautet:○○
Meine kennummer des Trägers lautet:○○


Anbei schicke ich Ihnen die Rechnung und die Quittung vom Arzt.
Bitte überweisen Sie den entsprechenden Betrag auf folgendes Konto.
IBAN:○○
BIC:○○○○

 

Vielen Dank im Voraus.
Mit freundichen Grüßen
Hanako Yamada
〇〇〇〇

 

Anlagen:
-Brief vom 23. Nov.2016 bzgl. Krankenhandlung
ーRechnung(Original)mit dem Anschreiben vom. 27.Dez.2016
ーÜberweisungsbeleg(zur info)

 

左端の上から差出人の名前、住所、連絡先

その下段に受け取り人の名前(z.H. は~様宛)、住所

さらに下段右端に場所、日付

題名(Betreff ・・・の件)、呼びかけの言葉、本文と続きます。

自分が○○会社の保険に入っていることを伝え、自分の保険番号を書きます。

医療費の振り込みが完了したことを伝え、これから振り込んでもらう自分の銀行口座番号を記入します。最後に挨拶文を添え、自分の名前と、署名を書きます。

Anlagen(同封物)に、保険会社から送られてきた手紙、請求書、振り込み証明書を一緒に送りました。

 

保険会社から自分の口座へ振り込みが完了したことを知らせる手紙が1週間ほどで

送られてきました。これで完了です。