読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ほんわかドイツ生活

ドイツの西、デュッセルドルフに住んで3年目。日々の生活を綴ります。

ドイツで腹腔鏡治療 (前日~当日治療後まで)

治療前日

さて前回からの続きです。

病院からは、前日に病院に電話をして、来院時間を確認してくださいと言われました。

こちらから電話をかけるつもりでしたが、病院から電話がかかってきました。

私の来院時間は11時30分でした。

食事は手術の6時間前まで、飲水は2時間前まで可能でした。前日はなるべく消化のよいものを食べるようにしました。(常用薬がある場合は、医師に確認が必要です。)

 

治療当日

来院時の注意点はあらかじめ伝えられていました。(アクセサリーなどの貴金属類を外しておくこと、メイクはせずに来院すること、マニキュアはしないこと。)

 

治療当日は夫と一緒に病院へ行きました。受付を済ますと、すぐに外科の看護師さんがそばに来て、ではここからはあなた一人です。部屋には付き添いは入れませんと言われました。せっかく会社の休みを取って付きあってもらいましたが、一瞬で夫とはお別れ、ここからは一人です。

病院は入院床数の小さな病院でしたので、このような病院で治療を受ける場合は、付き添いができるかはあらかじめ聞いておいたほうがよいかもしれません。

 

言葉に不安があることを看護師さんに言ったら、大丈夫大丈夫と、特に気にしていない様子で、私を部屋に案内してくれました。

 

 

f:id:honwakasou:20170108201222j:plain

 

この時の部屋は二人部屋でした。(一人部屋も選べます。)

日本と違うのはカーテンがないこと、ベッドが高いこと、貴重品のロッカー金庫があること、ナースコールはベッド横の壁のスイッチ、くらいだったと思います。

 

看護師さんから、尿検査をして、朝食を選んでくださいね。執刀医と、麻酔科医が来ますから、その後に着替えてくださいと言われました。

朝食はパンやラスク、コーヒーか紅茶かなどを選びました。

 

執刀医の先生がまず部屋に入ってきて、何か治療の質問はありますかと聞かれました。

その後麻酔科の先生が入ってきて、問診がありました。麻酔の副作用などの説明を一通り受け、あらかじめ読んでおいた麻酔の同意書にサインをしました。

(麻酔の説明書はドイツ語と英語が用意されていました。)

 

 さて着替えです。すべて脱ぎ、ガウンを着ます。ガウンは日本のものと違って、背中が開く割烹着のようなタイプで、首と腰のあたりを紐で結ぶタイプでした。あとは頭にメッシュキャップをかぶります。

 

着替えが終わると、オペ室の看護師さんが部屋に私を迎えにきました。本人確認で生年月日を伝えると、私も同じ月よ。大丈夫、手術は大したことないからと、肩をもんで励ましてくれました。

 オペ室はリラックスした雰囲気で、麻酔科の先生からも大丈夫だから安心してねと言われ、手術台に横になり、深呼吸しました。右腕に針をさされてから、すぐ意識はなくなり...

 

腹腔鏡治療後

目が覚めると、もとの病室のベッドに寝ていました。

ちょうど看護師さんが横にいて、終わりましたよと声をかけられました。2~3時間も一瞬です。

 

体温調節できなくなり、悪寒でぶるぶる震えていました。あたたかい毛布もかけてもらっていましたが、はなかなか震えは止まりませんでした。

看護師さんは傷口をチェックし、その後、執刀医の先生、麻酔科の先生も様子を見に来てくれました。

傷口が痛み、麻酔科の先生が、確保されていた輸液ルートから追加で鎮痛剤を入れてくれました。

術後にメッシュのパンツをはかせてもらっており、パッドもあててありました。

 

手術が終わり、びっくりしたのは覚醒してから30分ほどで、食事が出てきたことです。

f:id:honwakasou:20170109013038j:plain

吐き気と痛みで全く食べる気になりません。

食べられないことを言うと、点滴が追加で1本(500ml)始まりました。

 

普通この状況では食べられないでしょうと思っていると、

隣のベッドの同じ治療を終えたドイツの女性は、痛いといいながらも食事をして、

水をせっせと飲みだしました。

そして、彼女は数時間休み、日帰りで着替えをして家に帰っていきました。

 

私はというと、これがなかなか。痛みで動くのもやっとです。

看護師さんからは水をとにかくたくさん飲んでね。

吐き気が出たら、体をうつぶせにして、四つん這いになって頭を下げ、お尻をあげましょう。そしたら、げっぷが出てきます。少し吐いたら楽になりますよ、と伝えられました。

おなかの中には何も入っていませんから、何度か胃液様の透明なものを吐いて、また横になる、を繰り返しました。

夜勤の看護師さんは、私が吐くと新しいガーグルベースンにとりかえてくれました。

吐き気が落ち着いたときには、備えつけのテレビを見ることもできました。

 

点滴後、トイレに行きたくなり、看護師さんの付き添いで、部屋のトイレに行きました。

起き上がる時、つい痛みで目を閉じようとしてしまいますが、閉じてしまうと痛みに集中してしまいます。目は開けて!と看護師さんに言われました。

ベッドから起き上がり、少し呼吸をおいて、立ち上がり、ゆっくりトイレに歩いていきます。

トイレは鍵をかけずに入りました。尿と一緒に少し出血もありましたが、問題なく、ベッドに戻りました。

 

腹腔鏡の後には、使用した炭酸ガスの影響で肩の痛みもでてきます。

ぎゅっとおさえられるような肩の痛みは、横になると軽減しました。

 

夜、睡眠剤の希望があればもらうこともできますが、私はもらいませんでした。

夜は吐き気でほとんど眠れず、うとうと程度。こうして朝を迎えました。

 

翌朝7時ごろに朝食が出てきました。

あのドイツ女性を見習って少し食べてみようと紅茶を半分、ラスクも2枚食べました。

f:id:honwakasou:20170111011236j:plain

 

朝、看護師さんから血栓予防の注射をしてもらい、固定されていた輸液ルートも外してもらいました。

 

8時ごろ主治医の先生が診察にやってきて、治療の内容を教えてくれました。また結果と写真を2枚もらいました。

この時には痛みも吐き気も落ち着いており、立ち上がって着替えをし、 8時半ごろ夫に迎えに来てもらい、一緒に家に帰りました。

 

帰る際に支払いはありません。(支払いの手続きについてはまた後の回で)

受付では、痛み止めの処方箋と、婦人科の先生への手紙、病院評価のアンケート用紙をもらいました。

 

帰るときに一番つらかったのは、肩の痛みでしたが、ゆっくり移動し、無事、家に帰ってくることができました。

 

今回は、前日から治療翌日までについて書きました。

次回は、家に帰ってきてからのことを書こうと思います。

保険会社への手紙の書き方など、まだまだ書きたいことはたくさんあります。

少しでも参考になれば幸いです。